趣味の倉庫

主な内容は特に決まっていません。 ネタがあって、かつ気が向いたときに、更新します。記事の内容は自分の想像で書いている部分も多いので、間違っている場合もありますので注意して下さい。

Canon PowerShotG5X のレビュー的なもの

手のひらサイズのモンスター
f:id:docomo0620:20180107212730j:plain



なんとも可愛いヤツの登場です。
その名も、PowerShot G5Xでございます。
以前、S100がお亡くなりになった時に急遽購入したG1Xmk2でしたが、色々使っている間にどうも「コレジャナイ」感が出てきまして、メモ用途以外は殆ど使っておりませんでした。
そこで新年一発目に決意。

買い替えよう!

ということで、別の機種探しへ…。
コンデジであることは大前提として、なるだけセンサーが大きいものを、を条件に色々と探しました。
そこで候補に挙がったのが、このG5Xでした。
1.0型センサーでEVF搭載。ズームも24-100mm F1.8-2.8と悪くないスペック。常用している24-105に近いスペックはありがたい。
他にもG7XやG1Xmk3(!?)など考えましたが、量販店で触ってみて、EVFの有難みと予算でG5Xに決定しました。

スペックは以下の通り
センサー:1.0型裏面照射CMOS 総画素数約2090万画素。
有効画素数:約2020万画素
映像エンジン:DIGIC6
レンズ:8.8-36.8mm (35mm換算 24-100mm) F1.8-2.8
ISO感度:125~12800
ドライブ・最高5.9コマ/秒連写
動画撮影:最高フルHD 59.97p
液晶:104万画素 バリアングルタッチ液晶。
EVF:236万ドット
その他:Wi-Fi機能(NFC対応)、USB充電対応。

裏面照射のため、ベースISO感度は125と少し高めになっております。シャッター速度の上限は1/2000の様ですが、晴天ではちょいとキツいです。
その分、内蔵NDフィルターがありますので、適宜使い分ければそこまでの問題にはなりません。

外観
正面
f:id:docomo0620:20180107212731j:plain
f:id:docomo0620:20180107212733j:plain
どことなくEOSM5に似てる感じがします。
レンズ根本に大きなコントロールリング、向かって左側に少し大きめのグリップと電子ダイヤルがあります。

ボディ上面
f:id:docomo0620:20180107212734j:plain
露出補正ダイヤルとモードダイヤル、電源、シャッターボタンがあります。

背面
f:id:docomo0620:20180107201753j:plain
f:id:docomo0620:20180107212735j:plain:h500
しっかりしたサムレストに、お馴染みのボタン類が並んでいます。
各ダイヤル類には赤いアクセントが入っており、凄く格好いいです。


使用感
箇条書き型式で

・操作系統はS100ともG1Xmk2とも大差ないので、どうこう言うことはありません。*ボタンにはAEロックかAFを割り当てられます。なんとこんなコンデジでも親指AFができるのです!
…とはいえレフ機と違い親指がこの位置にいる事が少ないので、少し使ってみて元に戻しました。
各ダイヤルごとに、回転トルクを変えているとのことですが、個人的には露出補正ダイヤルは少し重めに感じました。
設定メニューUIがEOS機と同じようになっていますが、内容自体は従来のPS機と同じです。

・ライブビューのレスポンスは良くストレスはあまり感じません。EVFの切り替えが少しもたつきますが、それ以外は問題ないです。
EVFの設定が初期では省電力優先になっていますが、なめらかさ優先にすることをお勧めします。高速・通常の切り替えに関しては好みが分かれると思いますが、高速モードでは解像度が下がり見づらいので、自分は通常モードで運用しています。
AFも申し分ない速度です。

・UIはEOS機ぽくなっていますが、マイカラーなど色づくりに関してはコンデジそのものだと感じます。少し色が薄めで白浮きします。
とはいえ、G1Xmk2より白浮きは気持ち少なくなっており、色の薄さもマイカラー設定である程度調整できるので、現状あまり不満はありません。
画像サイズ設定はLから(S)Lにした方が、細部のノイズが出にくいです。

・レンズに関しては、開放からヌケの良いレンズです。開放では点光源の流れ、広角端マクロでの周辺流れなどありますが、G1Xmk2と比較したらかわいいものです。
ズーム動作は少し遅めな感じがします。
センサーは一眼と比較すると小さいですが、コンデジの中では比較的大きめな上、レンズ開放値も小さめなので、それなりのボケはあります。

総評:全体的にレスポンスは良く、ダイヤルのカスタムが効くのでサクサク撮影ができます。現状不満は少ないです。
手持ちカメラの中で、動画が唯一のFHD59.97fps対応なので、動画機としての活躍もあると思います。

余談
このカメラですが、JustBecause!というアニメにおいて、小宮恵那が使用しているモデルでもあります。
Canonがカメラの作画監修をしているそうで、アニメ内でも結構リアルに描写されています。
「Just Because!」公式サイト


作例
全てリサイズ無しで上げてあります。元サイズはフォトライフにて。

f:id:docomo0620:20180104164101j:plain:h600
1/60、F2.2、ISO250、27mm相当

f:id:docomo0620:20180104180318j:plain:h600
1/50、F3.5、ISO6400、67mm相当

f:id:docomo0620:20180105122744j:plain:w600
1/200、F2.5、ISO125、31mm相当

f:id:docomo0620:20180104182639j:plain:w600
4.0、F4.0、ISO200、24mm相当

f:id:docomo0620:20180106153412j:plain:h600
1/125、F2.5、ISO125、52mm相当

f:id:docomo0620:20180107164524j:plain:h600
1/125、F4.0、ISO125、24mm相当

f:id:docomo0620:20180107165215j:plain:h600
1/125、F5.6、ISO1600、54mm相当

f:id:docomo0620:20180107165829j:plain:h600
1/640、F1.8、ISO800、24mm相当