趣味の倉庫

主な内容は特に決まっていません。 ネタがあって、かつ気が向いたときに、更新します。記事の内容は自分の想像で書いている部分も多いので、間違っている場合もありますので注意して下さい。

SENNHISER MOMENTUM In-Ear レビュー

今までとは違う何か…
f:id:docomo0620:20150620083013j:plain

今回はSENNHISERのMOMENTUM In-Earというイヤホンを紹介したいと思います。
今までモニター系のイヤホン・ヘッドホンばっかり購入していた自分ですが、今回は少し違うものをとe☆イヤホンで試聴を重ねた結果、このイヤホンを購入しました。

まずは、開封~!
f:id:docomo0620:20150620083009j:plain
f:id:docomo0620:20150620083010j:plain
箱は両面テープで封をしてあるので開けるときは気を付けてくださいね。中にはスポンジのベースに、イヤーチップ2種類・本体(とポーチ)・説明書が入っています。箱の外には保証書もついていたはずです。
イヤホン本体は専用のリールに巻き取られて入っており、リールの裏にはまたもやイヤーチップが入っています。このリールは邪魔なので普段使いはしないことにします。
f:id:docomo0620:20150620083011j:plain
ポーチはセミハードで見た目もいいです。アクセントの赤い刺繍が格好いいです。IMのポーチと違って中にポケットはついていいないですが。
f:id:docomo0620:20150620083012j:plain
まずは本体の方から。
イヤーチップは全4サイズ(L,M,MS.S)で中央に仕切りが入っている特殊なタイプです。後日他のチップもつけて聞き比べをしようと思います。
ケーブルは楕円形のケーブルで、分岐部分からジャックまでは結構細いので取扱いには注意が必要です。くせも残り易そうなので、それも注意です。ジャックはコンパクトなL字型です。
ケーブルの出し方がと特殊なのでSHURE掛けは無理そうです。クリップなどを用いないとケーブルノイズがひどいので何かしらの対策を考えなければいけません。

音質
最初に聞いたとき、「あれ?試聴機と違うぞ?」と感じたので、正しい評価をするにはしばらく慣らしが必要そうです。とりあえず現時点での評価を。
音の傾向は限りなくフラットに近いドンシャリ(要するにうっすらドンシャリの傾向があるということ)で、サ行の声は少し刺さります。中音域がまだ引っ込んでいるのですが、これから出てくると思われます。
7/6・・・変化が落ち着いた(そもそもあったのか?)のですが、すみませんフラットというのは大嘘です。
音の傾向は限りなくドンシャリですが、中音域が欠けている感じはないので、悪い意味ではないです。
何故かボーカルはけっこう出てきます。
刺さりは曲による、という感じのようです。これはイヤホンというより音源の問題になってくるのでしょうか。
自分の環境では、J-pop(桑田佳祐スキマスイッチなど)ではほとんど刺さらず(圧縮でも非圧縮でも)、アニソン(fhanaやnano.RIPE、やなぎなぎなど)では、アーティストによって刺さったり刺さらなかったりします(圧縮、非圧縮にかかわらず)。Lantisはけっこう刺さる傾向にありますね。特にfhanaはグサグサきます。その他のレーベルではそんなに刺さることはありません。
音場の広さは試聴機そのままで、IMでは感じることのできなかった「音の広がり」を感じ取ることが出来ます。イヤホンにしてはかなり広い方なのではないでしょうか?
低音は狙ってピンポイントで鳴るのではなく、音場全体に広がる感じです。これもモニターとは違う鳴り方ですね。バンド系の曲がよく合います。
ハイレゾも試してみましたが、あまり違いを感じませんでした。気持ち音がなめらかになったような気がする他は特に変化はなしです。
M40xで聞くとけっこう違いがわかるものなのですが。

試聴曲
fhana「星屑のインターリュード」24bit 96kHz、nano.RIPE「スノードーム」・「パトリシア」16bit 44.1kHz(以降全て同形式)、Girls Dead Monster「Little Braver」・「Crow Song」・「一番の宝物 Yui.ver」、桑田佳祐「六本木のベンちゃん」etc...

f:id:docomo0620:20150620083013j:plain
素直なのかなんなのか…
音のほうはもう少し様子を見てから判断するとして、デザイン的にはけっこう満足しています。ただ、スマホ用のリモコンが自分にとっては邪魔でしかないので、本当はリモコン無モデルがあったらほしかったのですが。

そしてその後…
売りました!
そのお金+αでAKG Y50を購入しました。レビューはこちら
docomo0620blog.hateblo.jp